知恩院【三門】今なら、あがれます!

只今、開催中の『京都の冬の旅 非公開文化財特別公開』

今回は、大河ドラマにちなんだ、戦国から江戸時代の文化財が公開されています。

詳細は→https://www.kyokanko.or.jp/huyu2013/

 

私が、まず選択したのは!

浄土宗 総本山 知恩院の三門です。

毎回、特別公開されている常連さんぽいのですが、行きそびれて・・・

遠くから、近づけば、より一層!!ビルか!というような大きさ!

resize3153.jpg 日本で現存する木造建築として最大の二重門 国宝でもあります。

三門の詳細は→http://www.chion-in.or.jp/04_meiho/ken/san.html

浄土宗徒の徳川家の力が感じられますねぇ

 

さぁ!あがらせてもらいましょう

ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク

resize3152.jpg

一枚目の写真で言うと、正面から見て、右側が受付。斜めにのびたところが階段です。段差も大きめで、急だったので、足が悪い方や極度な高所恐怖症の方は大変かもしれないです。(>ω<、)帰りも反対側の階段で同じです。

 

 階段をあがると、ちょうど屋根と屋根の間です。

そんなに高い土地ではないので、楼上からの市内の景色は、五山の送り火が見わたせられる感じです。

(左大文字は見えないそうです)

廊下でグルっと囲まれ仏堂があります。三門の上に仏堂があるなんて!知らなかった時は、大きさだけにビックリして素通りしてましたぁ(o´ェ`o)ゞ

仏堂の中に、宝冠釈迦如来像、羅漢像。

ボランティアガイドさんが寒い中、懐中電灯で照らしながら丁寧に説明してくれました。

天井の天女や飛龍、飛龍になる前の姿、内部の色は当時のままとか!飛龍を描く理由、いたるところにある落書のこと!

三門を作った棟梁の五味金衛門夫婦像。夫婦は、とある理由で自害されたそうです!

などなど、ガイドさんの説明を聞きに行ってみてください。

三門内部は撮影禁止と思っていましたが、楼上からの景色も撮影禁止だったので・・・字ばっかり(;・д・A

ちょこっと残念でした。

あと2箇所くらい行きたい所がありますが!

寒さに勝って行くことができたら、アップしますo(゚▽^)ノシまたねぃ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 明けましておめでとうございます | らんざん日記トップへ | 千本えんま堂のこんにゃく煮! »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/320

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)