らんざんは古(いにしえ)より多くの貴人・都人が訪れた嵐山の風光明媚な立地にある落ち着いた佇まいのお宿です。

らんざん日記

2014年1月17日

知恩院【三門】今なら、あがれます!

只今、開催中の『京都の冬の旅 非公開文化財特別公開』

今回は、大河ドラマにちなんだ、戦国から江戸時代の文化財が公開されています。

詳細は→https://www.kyokanko.or.jp/huyu2013/

 

私が、まず選択したのは!

浄土宗 総本山 知恩院の三門です。

毎回、特別公開されている常連さんぽいのですが、行きそびれて・・・

遠くから、近づけば、より一層!!ビルか!というような大きさ!

resize3153.jpg 日本で現存する木造建築として最大の二重門 国宝でもあります。

三門の詳細は→http://www.chion-in.or.jp/04_meiho/ken/san.html

浄土宗徒の徳川家の力が感じられますねぇ

 

さぁ!あがらせてもらいましょう

ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク

resize3152.jpg

一枚目の写真で言うと、正面から見て、右側が受付。斜めにのびたところが階段です。段差も大きめで、急だったので、足が悪い方や極度な高所恐怖症の方は大変かもしれないです。(>ω<、)帰りも反対側の階段で同じです。

 

 階段をあがると、ちょうど屋根と屋根の間です。

そんなに高い土地ではないので、楼上からの市内の景色は、五山の送り火が見わたせられる感じです。

(左大文字は見えないそうです)

廊下でグルっと囲まれ仏堂があります。三門の上に仏堂があるなんて!知らなかった時は、大きさだけにビックリして素通りしてましたぁ(o´ェ`o)ゞ

仏堂の中に、宝冠釈迦如来像、羅漢像。

ボランティアガイドさんが寒い中、懐中電灯で照らしながら丁寧に説明してくれました。

天井の天女や飛龍、飛龍になる前の姿、内部の色は当時のままとか!飛龍を描く理由、いたるところにある落書のこと!

三門を作った棟梁の五味金衛門夫婦像。夫婦は、とある理由で自害されたそうです!

などなど、ガイドさんの説明を聞きに行ってみてください。

三門内部は撮影禁止と思っていましたが、楼上からの景色も撮影禁止だったので・・・字ばっかり(;・д・A

ちょこっと残念でした。

あと2箇所くらい行きたい所がありますが!

寒さに勝って行くことができたら、アップしますo(゚▽^)ノシまたねぃ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: フロント 廣井 久美子

2014年1月 4日

明けましておめでとうございます

resize3127.jpg

2014年始まってます!

らんざんも元旦よりフル活動!

三ケ日 朝食時の「振る舞い酒」でございます。

resize3125.jpg【時】は、万物【平等】ということを聞いたことがございます。なるほど!と感じました。

誰も、何にも【時】は止められず戻ることも先へ行くこともできません。みんな【平等】

良き時は、自分次第。良し悪しはこころの持ちよう!

2014年皆さんもポジティブでいきましょう!

 

 

年末、全室にせっせと「つがいの祝い鶴」を折っていました。お正月の小さなおもてなしでございました。

resize3135.jpg 

 今年も宜しくお願いいたします。 

 

 

投稿者: フロント 廣井 久美子

« 2013年12月 | らんざん日記トップ | 2014年2月 »

検索

ブログ記事を検索

アーカイブ

2018年10月

2018年8月

2018年7月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年1月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月

もっと見る

ページの先頭へ