新島八重ゆかりの地・同志社

NHK大河ドラマ・「八重の桜」でおなじみの、新島八重。

ドラマでの放送はまだのようですが、後の夫・新島襄が創立した「同志社」がせっかく京都にあるので、『プランとか、観光案内とかに役立てないかな』と思い、行ってみました。

 

 resize2627.jpg

 

 

 こちらは、同志社大学の正門前。

お洒落な建物が、新島襄のセンスを感じさせてくれます。

 

奥の建物に入ると、展示室があり、そこに数々の新島八重にまつわる品々が展示されていました!

 

resize2630.jpg

 

室内は撮影禁止だったので、展示室のドアだけ撮ってきました(笑)

 

中には、故郷・会津若松での籠城戦、夫・襄とのゆかりの品々、そして同志社創設期の生徒たちとの写真等、「ハンサムウーマン」と呼ばれた八重の生涯がテーマ別に展示されています。

 

 

・同志社女子大学史料室第18回企画展 『新島八重と同志社女学校』

場所:同志社女子大学史料室
    (今出川キャンパス ジェームズ館1階展示室)

 

 

 

ちなみに・・・

わたくし水野、男1人で展示を見に行ったのですが、場所は同志社女子大学・今出川キャンパスにあります。

女子大なので、中にいる生徒たちは当然女性ばかり・・・

 

少々居づらかったです・・・(苦笑)

男性の方、行かれる際はどなたか女性の方とご一緒に行かれる事をお薦めします(笑)

« ここは一つ神頼み | らんざん日記トップへ | 宇治の「あじさい寺」 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/268

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)