らんざんは古(いにしえ)より多くの貴人・都人が訪れた嵐山の風光明媚な立地にある落ち着いた佇まいのお宿です。

らんざん日記

2012年6月12日

平安京をチョット感じに!

梅雨してしまいましたね!これから、雨に暑さが増すと思うと!。゜(`Д´)゜。ゲゲゲです。

 

こんにちは。

今回は、大河ドラマの舞台にもなっている。平安京を感じに行ってみました。

まずは、「京都アスニー」(京都市生涯学習総合センター)

ここには、平成6年 平安建都1200年を記念に開催された「甦る平安京」の展示物「平安京復元模型」があります。

模型は、じーっと眺めていると、考え事も何にもなくなり、入り込みません? 

だから、けっこう好きなんです(★ ̄∀ ̄★)

 

写真が撮れなかったので、下記から どうぞ!

http://web.kyoto-inet.or.jp/org/asny1/about/institution/honkan/heiannkyou/heiannkyoumokei2.html 

 思っていたより、大きく感じました。(模型のはなしです)

しゃがんでみたり、現在の通りに重ねて想像したり、

自分の家のチェック!(ハズせませんね!)

などと、知識もなくキョロキョロ楽しくみていまいしたら。

ボランティアガイドの方が来て、レーザーポインタを使って、わかりやすい説明してくれました。

問題を出されましたが、私、0点でした(笑)

私から質問もさせてもらいました。ありがとうございました!

 

次に向かいましたのは、昼食をはさみ。

平安京の北の基点「船岡山」、四神相応 大地の力があふれでる「玄武」の小山と言われたそうです。

 

東側の「建勲神社」(たけいさおじんじゃ)から登りました。織田信長公と嫡男信忠卿親子を祀る神社でした。

resize1762.jpg

 参拝して、まもなく頂上に到着。

resize1776.jpg頂上からの眺めです。resize1773.jpg

どこが、朱雀大路だったのか?わかりませんでしたが。

そんなに高くない山なのですが、京都タワーも見え、五山の送り火も全て見えるそうです!

resize1777.jpg

 左大文字です。あと右と舟形は発見しました。鳥居、妙法もあるはずです!あまりの暑さと日差しに負け、探しませんでした。。。

気候の良い季節か送り火の日にどうぞ。8月16日は、いっぱいかもしれませんね!

resize1769.jpg

 

 船岡山の東側は、神社の階段できつかったのですが、西側は、緩やかな坂でした。体力とご相談の上、選択してください。

 次に向かいましたのは、

すぐ近くの「今宮神社」の門前名物「あぶり餅」を食べようかと!

 

 

 

 

 

休みでした。o(TヘTo) くぅ

思いつきで行ってはいけませんね。。。皆様も定休日などに お気を付けて観光してください。

 

resize1784.jpg「今宮神社」本殿です。20年ぶりにきましたね。もう、覚えていませんね。

 

resize1786.jpgresize1785.jpg こんな石もあったんですね!記憶にないです。。。

あぶり餅の記憶しか(笑)

とりあえず、ためしてみましたよ(・3・)/

重さの変化は、感じ取れませんでした。軽くも重くもないと言うことは、願い事が成就するか否かは自分次第ということでしょうか?

 

 

今回は、バス移動でした。初めに乗ったバスで「市バス専用一日乗車券カード」購入しました。市内観光するのに安くて便利でしたよ(*^ー゚)v ブイ♪

詳しくは、 http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000028337.html 

 

 

 お ま け   

京都の冷麺で有名らしいです!

[中華のサカイ」本店でお昼いただきました。

ごまダレにからしが入っていたような・・・

麺は、もっちりしてて

私は好きです。

すっぱい好きなので、半分食べてから

お酢をまわし掛けてみました!

 

resize1760.jpg

 上の方がハム入り。下の方が焼豚入り。定食はご飯と漬物・小鉢のサラダ付でした。プラス100円でチャーハンにできます。冷麺に白飯は、合うのでしょうか?

resize1761.jpg

 

resize1756.jpg

 今宮神社、船岡山のすぐ近くです。徒歩圏内

聞いた話、、、、、、

行けれた際は、冷麺かラーメンご注文ください。

中華のサカイさんのHP http://www.reimen.jp/index.html 

投稿者: フロント 廣井 久美子

« 日本最古「都七福神まいり」 Vol.4 | らんざん日記トップへ | 日本最古「都七福神まいり」 Vol.5 »

検索

ブログ記事を検索

アーカイブ

2018年10月

2018年8月

2018年7月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年1月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月

もっと見る

ページの先頭へ