らんざんは古(いにしえ)より多くの貴人・都人が訪れた嵐山の風光明媚な立地にある落ち着いた佇まいのお宿です。

らんざん日記

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近の記事
曇り空の嵐山
冬の嵐山へ、おこしやす♪ー

2022年1月18日

曇り空の嵐山

今日はあいにくの曇り空でしたが、少し雪が降っておりましたので、その景色をお届けいたします。


当館南門。わかりにくいかもしれませんが、雪と一緒に1枚。

2022011801.jpgのサムネイル画像
南門から入ってすぐの当館です。
2022011802.jpgのサムネイル画像
レストラン入り口から一歩外へ、南門の前にて。
2022011803.jpg
まだまだ寒い日々が続いておりますが、寒いこの時期だからこそ!当館を拠点に冬の嵐山を観光してみてはいかがでしょうか。
皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

投稿者: らんざん

2022年1月 9日

冬の嵐山へ、おこしやす♪ー

あけまして
おめでとうございます。
本年も「らんざん」をよろしくお願いいたします。
奥田です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
さて、京都市内は年末年始と
寒く数年に一度の雪が降りました。
京都特有の底冷えもあり
通年とは違う寒さを、ひしひしと感じました。

そうなると嵐山観光もしながら
温かい食事が欲しいですよね?
ここで紹介するのは


湯豆腐御膳サイズ小.jpg
【冬の京都】 ほっこり・あったまる「湯豆腐御膳」   3,850円 (税込)

一人鍋で安心・贅沢でのご提供。冬の京都だからこそ身体温まる湯豆腐鍋。
豆腐は調理長絶賛した厳選の祇園ブランド千代(ちしろ)豆腐を使用しております。
濃厚なのにさっぱりした豆腐!?であり
メディアにも取り上げられております。



☆食事内容☆

・小鉢   おぼろ豆腐
・お造り  刺身湯葉 他
・焜炉   湯豆腐
・炊合せ  飛龍頭
・蒸し物  茶碗蒸し
・揚物   野菜天婦羅 
・ご飯  ・香の物  ・デザート  付

♪冬予約限定料理です。

※ご利用可能人数:2名様から4名様
※ご来店時間:11時から13時00分
※写真はイメージです。
※仕入や天候によりメニューの変更がございます。
※2月28日まで予約限定の御膳です。
※アレルギー食材へのご対応は致しかねます。予めご了承ください。

寒い冬だからこそ湯豆腐で温まろう。
詳しくはお店まで、ご予約お待ちしております。。

投稿者: らんざん

« 2021年12月 | らんざん日記トップ | 2022年2月 »

アーカイブ

2022年8月

2022年7月

2022年6月

2022年5月

2022年4月

2022年3月

2022年2月

2022年1月

2021年12月

2021年11月

2021年10月

2021年9月

2021年8月

2021年7月

2021年6月

2021年5月

2021年4月

2021年3月

2021年2月

2021年1月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年9月

2020年8月

2020年7月

2020年6月

2020年4月

2020年3月

2020年2月

2020年1月

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年8月

2018年7月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年1月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月

もっと見る

ページの先頭へ