らんざんは古(いにしえ)より多くの貴人・都人が訪れた嵐山の風光明媚な立地にある落ち着いた佇まいのお宿です。

館内施設のご案内

穏やかな安らぎの中にも、
凛とした京都らしさを感じる
心地よい空間です。
山河から吹く風を感じて
旅の疲れを癒してください。

明治天皇行在所山中邸址
石碑について

明治天皇が関西行幸の際に立ち寄った山中邸の邸宅跡を記念した石標が京都府によって建てられている。
明治10(1877)年、明治天皇の関西行幸が行われた。この行幸は西南戦争勃発のため長期化し、京都には1月28日~2月6日・2月16日~7月28日に滞在。2月18日、天龍寺・梅津・桂方面へ行幸し、この地にあった山中献(まつる)(1822~85、信天翁)の対嵐山房で昼食をとった。山中献は、書面・詩文に優れたことで知られる幕末の志士であり、明治維新後は官吏となっていたが、当時はこの地に隠棲していた。この石標は、明治天皇が立ち寄った山中邸の邸宅跡を示すものである。 昭和10年3月 京都府建之

※山中 献(ヤマナカ マツル)

文政5年(1822年)三河国碧海郡棚尾村東浦(現、愛知県碧南市東浦町)に生まれる。幕末・維新期の志士・文人。篠崎小竹・斎藤拙堂の門に入り経史・儒学・詩文等を学ぶ。
京都に出て尊王攘夷運動に加わり梁川星巌・頼三樹三郎・梅田雲濱ら勤王志士たちと交遊し国事に奔走する。
明治維新後、岩倉具視に仕え様々な要職を経て後に職を辞し京都嵐山に住み文人・墨客と共に文芸三昧の悠々自適の生活を送る。
明治18年(1885年)に病没。享年64

明治天皇行在所山中邸址

史跡としての「らんざん」

大堰の邸(おおいのやかた)候補地《明石の君の邸宅推定地》

「らんざん」は史跡名勝嵐山内にあり、源氏物語ゆかりの地として、京都市により説明板が設置されています。

桂川の嵐山周辺を大堰川、その一帯が大堰とよばれています。平安時代の初期からこの近辺は景勝地とされ、多くの皇族・貴族は好んでこの地を訪れ、船を浮かべるなどして詩歌管弦の遊びを行っておりました。恒例となった五月の車折神社の「三船祭」は、大堰川での舟遊びを再現したものです。

『源氏物語』「松風」には明石上(あかしのきみ)が母の尼君、姫(光源氏との間の娘)とともに大堰に移り住む描写がありますが、その場所が「大井(堰)川のわたりにありける」とあることから、この居所の推定地の一つとして、平安時代前期の桓武天皇の大堰離宮(おおいのりきゅう)が挙げられます。その近くには光源氏の御堂(現在の清凉寺付近)がありました。 一九八八年に当該敷地内で行われた発掘調査では、平安時代前期の遺物を伴う園池跡が見つかり、桓武天皇が度々行幸(ぎょうこう)された大堰離宮跡である可能性が高いとされました。

『源氏物語』内、大堰の邸での出来事

明石より二条御殿に戻られた源氏の君。身分の差から光源氏とともに上洛する事を自重した明石上。 その後少し離れた大堰の邸に娘と移り住む事になりますが、后となる宿縁の姫に十分な教育を受けさせるべく幼い我が子を光源氏と紫の上に託し、幼い娘と離れる事となりました。

店内イメージ
  • 店内イメージ
  • 店内イメージ
  • 離れ
  • 離れ
  • 離れ
  • 離れ

玄関・ロビー

邸宅のような落ちついた佇まいで、お出迎えいたします。
お庭を望む、明るくゆったりとしたロビーでほっと一息。

  • 玄関
  • 玄関
  • 玄関(夜)
  • 玄関
  • ロビー
  • 京雅入口
玄関

中庭

嵐山の四季の移ろいにあわせ、様々な表情をご覧いただけます。 やさしい木漏れ日と、吹き抜ける爽やかな風をお楽しみください。

  • 中庭
  • 中庭
  • 中庭
  • 中庭
  • 中庭
中庭

大浴場

ゆったりとした大浴場で、一日の疲れを癒してください。
〈営業時間:6:00〜9:30/15:00〜24:00〉

大浴場

カラオケルーム

嵐山一帯が静けさに包まれる夜も楽しく演出する、カラオケルームを完備。ご宴会、ご会食の二次会にもぴったりです。
10名~ 25名でご利用できる、様通信カラオケのお部屋をご用意しております。

カラオケルーム

お食事処「京雅」

四季折々の嵐山の景観を眺めながら、京料理をどうぞ。
ご宿泊のお客様のご夕食の他、ご昼食のみの営業もいたしております。お気軽にお召し上がりいただけるテーブル席と、グループの方にご利用いただける静かな離れがございます。

ランチ営業のご案内

  • お食事イメージ
  • 店内写真
  • 朝食バイキング
お食事イメージ

ページの先頭へ