らんざんは古(いにしえ)より多くの貴人・都人が訪れた嵐山の風光明媚な立地にある落ち着いた佇まいのお宿です。

らんざん日記

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近の記事
2021年♪年の瀬
冬の嵐山
師走の嵐山☆
最後の嵐山花灯路☆12月10日(金)より始まります。

2021年12月29日

2021年♪年の瀬

2021年も間もなく終わりを迎えようとしています。世の中の状況は、回復してはまた戻り...まだまだ不安の拭えない1年でございました。
12月27日の朝、雪が積もりました。らんざん、そして嵐山一帯が雪景色に包まれ、美しい師走の朝を迎えました。

渡月橋の上から降り注いだ朝日が積もった雪に反射し、絶景が表れました。
DSC_0974.JPG
下流側からもう一枚。雪化粧した嵐山です。
DSC_0969.JPG
今年も一年、皆々様には格別のご愛顧を賜りまして、厚く御礼申し上げます。
来年も、よりたくさんのお客様にお越しいただき、そしておくつろぎいただける宿を目指し日々精進して参る所存でございますので、変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
2022年も皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

DSC_0983.JPG
京都・嵐山 ご清遊の宿らんざん 従業員一同

投稿者: らんざん

2021年12月21日

冬の嵐山

冬の名物として17年間続いておりました、嵐山花灯籠も終わり、12月もあとわずか、
冬の寒さが訪れる中の当館の景色をお届けいたします。


らんざん南門、紅葉は終わりを迎えておりますが、南門から入っていただくと、きれいに咲いた山茶花が出迎えてくれます。
2022122101.png

レストラン南門の山茶花。とてもきれいに咲いています。
2022122104.png

更に近くから一枚。寒空の中、元気に花を開いていました。

2022122103.png
今年も残りわずか。年の終わりにこのような景色を見に嵐山へお越しになられてはいかがでしょうか?
皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

投稿者: らんざん

2021年12月15日

師走の嵐山☆

嵐山花灯路が始まり、毎日夕方5時以降は本当にたくさんのお客様にお越しいただき、大変な賑わいでございます。
もちろん、らんざんにも花灯路の為に宿泊を!と仰るお客様もたくさんいらして下さいます。
12月も半ば...師走の快晴に恵まれた嵐山の様子を覗いてみて下さい。

らんざん南門をバックに、アップで♪
DSC_0950.JPG
南門と、並ぶ灯路。等間隔で、ずらっとどこまでも並んでます♪
DSC_0941.JPG
渡月橋です。お天気は良いですが、空気がピリット冷たく冬の京都を存分に体感していただけるような、そんな1日です♪
DSC_0949.JPG
今年が最後となる嵐山花灯路は19日(日)までです。冬の空気に、渡月橋や山々の景色がとても美しい師走の景色をぜひご覧下さいませ。
皆様のお越しをお待ちいたしております。

投稿者: らんざん

2021年12月 6日

最後の嵐山花灯路☆12月10日(金)より始まります。

京都の冬の風物詩・嵐山花灯路☆今回の開催をもって、17年の歴史に幕を下ろすこととなりました。

渡月橋をはじめ、嵐山地域の寺院・神社、文化施設等がライトアップされ、とても幻想的な雰囲気が浮かび上がります。
例年、多くの観光客の方々にお越しいただいておりましたが、なんと今回が最後の開催とります...。
DSC_0959.JPG

IMG_1888.JPG
IMG_1957.JPG
12月10日(金)から19日(日)・午後5時から8時半までです。
らんざんからも、もちろん ♪ 一歩踏み出していただくと灯りの世界が広がっています。
皆様ぜひ、最後の嵐山花灯路へ、そしてらんざんへお越し下さいませ。

投稿者: らんざん

« 2021年11月 | らんざん日記トップ | 2022年1月 »

アーカイブ

2022年8月

2022年7月

2022年6月

2022年5月

2022年4月

2022年3月

2022年2月

2022年1月

2021年12月

2021年11月

2021年10月

2021年9月

2021年8月

2021年7月

2021年6月

2021年5月

2021年4月

2021年3月

2021年2月

2021年1月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年9月

2020年8月

2020年7月

2020年6月

2020年4月

2020年3月

2020年2月

2020年1月

2019年11月

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年8月

2018年7月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年1月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月

もっと見る

ページの先頭へ