らんざんは古(いにしえ)より多くの貴人・都人が訪れた嵐山の風光明媚な立地にある落ち着いた佇まいのお宿です。

らんざん日記

2011年4月 6日

待ちわびておりました。桜開花   4月5日

今年は、さくら観光なかせです (p>□<q*))
まだ、市内でもつぼみの所もありますが、ここ数日の昼間の暖かさで やっと花を見られるようになってきました。今週末が見頃という話です!


桜を求めて、今回は京都市のずーッと南の方「相楽郡 井手町」へ 
住宅街に流れる川沿いにたくさんの桜の木。花は3分咲きといったところでしょうか!
【井手町さくらまつり】が開催される場所です。どんなお祭りか?知らないのですが、行った日はお祭りの様子はなかったです。

resize0545.jpg

桜並木の端は、京都?奈良をつなぐ[国道24号線]でかなりの交通量ですが、子供たちが川遊び,水遊びをしていたり、散歩されている方、花見に来られている方
観光客の姿はなく、のどかなところです。  ゚+.(´∀`*).+゚.
京都へ旅行に来て、なかなかココまではこないですよね(微笑)

resize0533.jpg

resize0536.jpg

resize0530.jpg

resize0544.jpg

resize0538.jpg

resize0549.jpg

薄着でも汗ばむくらいの快晴で気持ち良かったですよ!
朝晩はまだ寒いので、京都へ旅行でいらっしゃられる方、特に夜桜など考えている方は、調整できるような服がある方が良いです!!!


桜を見た後、思いつきで八幡市の【流れ橋】
見に行ってみました (。・o・。)ノ
存在は知っていて、機会があればと思っていたところです。
昭和28年に作られ、流れることを前提に作られる橋!
すごい発想 (・_・;)
平成21年までに16回 流れているとか!(現在は、ほんとに消えて無くなってしまうわけではないようですが)

「どんな橋なんやろ?」って思いませんか?
京都府南部を流れる一級河川「木津川」に架けられた日本最長の木造橋だそうです。
また江戸時代から明治の中頃までは渡し舟で行き来していたそうです。

resize0551.jpg
橋をバックに時代劇の撮影に利用されているとか!
街中なんですが河川敷には何にもなく、ホンマ使えそうな感じでした。

橋の下は、全部 川だと思っていたのですが!ほぼ砂地。
なのに橋が浮くぐらい増水するってことですよね・・・||||(・・、)

resize0556.jpg
想像していたよりも長さも高さもけっこうありました。(延長 356.5m)
地元の方の生活用にも使われているんですね。

resize0560.jpg
自転車もバイクも 普通に乗ったままの方も・・・。

resize0565.jpg
橋の下も見に行きました。増水したときは、筏のように浮くようになるってところが気になって!

resize0558.jpg

resize0568.jpg
w(°0°)w オォー 嵐山とつながっています。
(サイクリングロードです!)
暑くなる前に おにぎり持って子供と行ってみようかと。 
やりたいことリストに"φ(・ェ・o)~メモメモ

橋ひとつにも、いろんな歴史があるんですね。
機会があれば、いかがでしょうか?

投稿者: フロント 廣井 久美子

« こんな処もいかがですか? | らんざん日記トップへ | にぎわう嵐山 行ってよかった+.d(・∀・*)♪゚+.゚ »

検索

ブログ記事を検索

アーカイブ

2018年10月

2018年8月

2018年7月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年1月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月

もっと見る

ページの先頭へ