らんざんは古(いにしえ)より多くの貴人・都人が訪れた嵐山の風光明媚な立地にある落ち着いた佇まいのお宿です。

らんざん日記

2011年1月31日

《Trivia》  らんざん版 ☆彡

ご無沙汰しておりました。
今年の冬は、寒い。痛いくらいです。雪もよく降っていました。
なので、外出するのがオックウで (ノд ̄゜) なかなかネタがなく・・・。

京都の豆知識=雑学=Triviaで、「かんにん」してください (人∪≦*)

さて!私の場合、子供の頃あんなに嫌いだった野菜が、成長するにつれて食べられるようになり、今となっては、美味しく感じ、無いとだめなんですよね。みなさんは、子供の頃から好きでしたか?
と言うことで、野菜のTriviaでいきましょうか!

【京野菜】という言葉を聞かれたことがありませんか?

【京野菜】は、
 海から遠い京都へは、海産物の運搬は難しく、当時の平安京の人口は、10数万人と推定され世界でも有数の大都市の食生活を保つためには野菜づくりが重要であった。そのため、洛(=都)外が、野菜生産地として開拓され発展していく。
また、京都には、全国各地や中国大陸から、朝廷や寺院への献上品として、優れた野菜の種や生産技術が集まり、野菜の品種改良も行われてきた。
京都府ホームページより引用

 昔から地元で作られている野菜のことですよね。ここ最近になって、京都のイメージが高いものなどを「ブランド京野菜(認証制)」「京野菜」と言われるようになっています。

【みず菜】 
鍋や辛し和え、サラダ。おいし?(´∀`)浅漬け!いずれも食感がいいですよね!
【壬生菜】 
壬生は地名。和え物に良く使いますね。さっぱりしているので、何と和えてもおいし?
【九条ねぎ】 
薬味としてはもちろん、鍋や煮物に。ねぎうどん<具がねぎだけ>は、ねぎ好きにはたまらない。おいし?(≧∀≦)
この3種類は、年中ならぶ野菜です。
1・2月に出まわるものは
【えびいも】
形や模様が海老に似ています。お正月のお雑煮に入れる家庭もあります。
【聖護院だいこん】
聖護院も地名です。子供の顔より大きい!
大根と同じように使います。甘味があって、煮崩れしにくいので良く味がしみておいしい?♪q(▽≦q)余ったら(余らせるのを前提にかな?)、片栗粉をまぶして揚げだしに変身!ポン酢で[食]
【聖護院かぶ】
千枚漬けでおなじみの、です。かぶら蒸しもありますが、一手間かかるのでなかなか...( ̄  ̄;)わが家では大根卸のかわりに、辛味がないので子供も[食]
【金時にんじん】
鮮やかな赤?朱色?。我が家は、お正月の雑煮に入れるくらいで。。。
にんじんが濃いんです。ちょっとにんじんは・・・(;A´エ` )
【花菜(はなな=菜の花)】
などがありますね。

もちろん 「らんざん」でも使用しております。
聖護院だいこん(らんざん厨房にて)


小学校の給食にも「地産地消・知産知消」を学ぶ為に月に1回程でしょうか?!京都産の食材を使われていますね。野菜だけではなく、ちなみに2月のメニューは「にしんの煮つけ」がでるようです。あまり喜ぶようなメニューではないかも (笑´w`)


近年、各地の食材は簡単に手に入りますよね。
機会があれば【京野菜】買って料理してみてくださいね! 。.:*.゜☆(●´∀`●)ニコ.゜☆.。.:*.゜

投稿者: フロント 廣井 久美子

« 京都の【うさぎ神社】 | らんざん日記トップへ | 春が待ち遠しい w(*?∇?*)w »

検索

ブログ記事を検索

アーカイブ

2018年10月

2018年8月

2018年7月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年1月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月

もっと見る

ページの先頭へ