らんざんは古(いにしえ)より多くの貴人・都人が訪れた嵐山の風光明媚な立地にある落ち着いた佇まいのお宿です。

らんざん日記

2007年2月27日

龍安寺(りょうあんじ)

禅の心を表す石庭として大変有名な【龍安寺】。

方丈の石庭は、東西約25m 南北約10m。
三方を油土塀で囲み、一木一草も用いず、白砂に15個の
自然石を配しています。


070227a.JPG

15個の石は虎が子を連れて龍に向かっている様を表している
という「虎の子渡し」の庭を呼ばれ、15の石が東から
7・5・3で構成されているので「七・五・三の庭」とも呼ばれています。

070227b.JPG

投稿者: 副支配人 深谷 浩

2007年2月22日

梅が見頃の【北野天満宮】

今が梅が見どころの【北野天満宮】へ行ってきました。

見頃は2月下旬?3月中旬になります。

070222a.JPG

「北野天満宮」は大宰府で亡くなった菅原道真公の霊を
慰めるため、天暦元年(九四七年)に朝廷が建てた社です。

070222b.JPG

投稿者: 副支配人 深谷 浩

2007年2月19日

まだ・・・まわりと馴染めませんが・・・(>_<)

こんにちは。中川です。(^O^)
嵐山といえば! 今日撮ってきました!↓
渡月橋渡月橋全体.jpg

先日。職場のみんなと
「渡月橋の木がないらしいで?。
 あの木が採れないらしい?。貴重な木ねんな?。」
こんな話をしてました。(^_^;)
そんな矢先のこの修復作業!
春のシーズン前ですものね・・・。(◎_◎)


今日、出勤時に通ったら、修復作業をされてました!

渡月橋3.jpg

欄干の外側で作業されておられました。
危険なお仕事ですね?(*_*)

渡月橋2.jpg

投稿者:

2007年2月15日

退蔵院(妙心寺塔頭)

妙心寺塔頭の【退蔵院】です。

ここ退蔵院には室町時代の画聖、狩野元信の作といわれている
庭園や山水画の祖といわれる如拙の「瓢鮎図(ひょうねんず)」
があります。

    070215a.JPG

070215b.JPG

投稿者: 副支配人 深谷 浩

2007年2月10日

夕暮れの京都駅ビル

本日はちょっと趣向を変えて京都駅ビルを紹介します。

建設当時は地元から京都の街並みにはそぐわないデザインだと
反対もされましたが、今ではすっかり京都になじんできました。

070210a.JPG


070210b.JPG

投稿者: 副支配人 深谷 浩

2007年2月 5日

龍泉菴(妙心寺塔頭)

現在、「第41回京の冬の旅」として特別公開されている(通常は非公開)
妙心寺の塔頭、「龍泉菴(りょうせんあん)」に行ってきました。

070205a.JPG

梅もほころびはじめました。

        070205b.JPG

投稿者: 副支配人 深谷 浩

2007年2月 3日

2月3日節分会 福はうち??

こんにちわ。

暖かいですね?。

今日は節分です!!隣の天龍寺さんへ行ってきました。(^O^)v

節分会1.jpg

人だかり・・・。(>_<)

こんな天龍寺は初めて見ました。

節分会2.jpg

カップル↑も今日は福をもらいに豆まきデートみたいですね。(*^_^*)

たこ焼き屋さんとかありました。↓

節分会3.jpg

投稿者:

« 2007年1月 | らんざん日記トップ | 2007年3月 »

検索

ブログ記事を検索

アーカイブ

2018年10月

2018年8月

2018年7月

2018年5月

2018年4月

2018年3月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年9月

2017年8月

2017年7月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年8月

2016年7月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

2015年3月

2015年2月

2015年1月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年9月

2014年8月

2014年7月

2014年6月

2014年5月

2014年4月

2014年3月

2014年2月

2014年1月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年9月

2013年8月

2013年7月

2013年6月

2013年5月

2013年4月

2013年3月

2013年2月

2013年1月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年6月

2012年5月

2012年4月

2012年3月

2012年1月

2011年11月

2011年10月

2011年9月

2011年7月

2011年6月

2011年5月

2011年4月

2011年3月

2011年2月

2011年1月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年9月

2010年8月

2010年7月

2010年6月

2010年5月

2010年4月

2010年3月

2010年2月

2010年1月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年7月

2009年6月

2009年5月

2009年4月

2009年3月

2009年2月

2009年1月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年9月

2008年7月

2008年6月

2008年5月

2008年4月

2008年3月

2008年2月

2008年1月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年9月

2007年8月

2007年7月

2007年6月

2007年5月

2007年4月

2007年3月

2007年2月

2007年1月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年9月

2006年8月

2006年7月

2006年6月

もっと見る

ページの先頭へ