京の有名処 『本家 尾張屋』

今回は、お買いものをしたあと、
ランチに悩みながら富小路(とみのこうじ)を上がっておりました。
             ↓ ↓ ↓  
          京都の中心街 南北に通る道の一つです。

お天気が良く歩き廻っていたので、さらっと食べれて近いところ・・・。
「あっ!お蕎麦にしよう」と。
一度行ってみたかった本家 尾張屋に向かいました。
テレビでも時々出ているみたいです。
迷うことなく、到着。歴史を感じる建物でいい雰囲気をだしていますが、歩き疲れとやっと食事ができると、すっかりカメラをむけることを忘れていました。


13時をまわっていたのですが、待つことはなかったものの、店内には、けっこうお客さんが入っていましたね。さすが!!


本家 尾張屋 (そば) 2.jpg
                    ショップカードの絵は、錦小路みたいです。

2階に案内され、席について「ほっ。」
何を頼んで良いのかわからないので、たずねてみました。よく注文されるのは、天婦羅がセットになったものらしく、私は、『季節の野菜天せいろ』をお願いしました。  
一人で行ったせいか、混雑していたせいか?本を数ページ読めるくらいの待ち時間がありました。ちなにみ、私は読書が遅いです(>▽<)

本家 尾張屋 (そば).jpg

きました!お野菜の天婦羅は、ししとう・しいたけ・れんこん・ごぼう・かぼちゃ・さつまいも・にんじん。最後の蕎麦湯まで美味しく頂きました。
 満足(^o^)v満足
思っていた以上に種類が多くて、また違うものをいろいろ頂きにきたいと思いました。

前回も食べ物の話しでいたね。
11月は紅葉がりを予定しています。やっぱり美味しいものは外せません。どこへ行こうか考えるのって楽しいですよね。

« お口が<うなぎ>だったので。。。 | らんざん日記トップへ | 快晴!夢コスモス園 »