智積院と長谷川等伯の障壁画

090325a.JPG



090325b.JPG

智積院(ちしゃくいん)
真言宗智山派の総本山で、全国に3000余の末寺があります。
京の学頭玄宥僧正は、徳川家康の帰依を受けて慶長5年(1600)
この地の祥雲寺を賜り、智積院の名を継ぎました。

智山派大本山として、成田山として知られる「成田山新勝寺」、
「川大師」の通称で知られる川崎大師平間寺及び東京都八王子市
の高尾山薬王院があります。

090325c.JPG

五色幕(ごしきまく)
仏教の寺院であることを表し、釈迦如来の説いた教えを広く専べて
流布させることを表しています。
寺院の落慶時の法要などや、花まつりなどの年間の大祭で寺院の
壁面や堂内の入口にこの五色幕が掛けられます。


090325d.JPG

この庭園は、岩下志麻さんが出演した化粧品のCMで使用された
庭園です。

「利休好みの庭」と伝えられ、豊臣秀吉が建立した祥雲禅寺時代に
原型が造られ、その後智積院になってから運敞僧正が修復し、東山
随一の庭と言われるようになりました。

090325e.JPG    090325f.JPG



090325g.JPG

智積院の大書院の壁を飾る長谷川等伯らによって描かれた障壁画
(レプリカ)です。本物は宝物殿で見ることができます。

090325h.JPG


090325i.JPG

090325j.JPG

宝物殿には、桃山時代に長谷川等伯らによって描かれ、祥雲禅寺の
客殿を飾っていた金碧障壁画の「楓図」「桜図」「松と立葵の図」「秋に秋草図」
(いずれも国宝)ほか多数展示されています。


090325k.JPG



090325l.JPG    090325m.JPG


         090325n.JPG



090325o.JPG



090325p.JPG



090325q.JPG



090325r.JPG

かなり近くに京都タワーが見えました。

« 京都・嵐山 桜 その壱 | らんざん日記トップへ | 京都 桜情報 その弐 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/174

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)