額縁の門?天寧寺?

天寧寺(てんねいじ)。
山号 萬松山(ばんしょうざん)。

081013a.JPG

南北朝期の名将、楠木正成の末男傑堂能勝が会津に創建し、
桃山時代(1573?1592)に移築されたと伝えられています。

その後、天明の大火により堂宇を消失したが、本堂は文化9年
(1812)に、書院は天保14年(1842)に再建されました。


081013b.JPG

寺町通りの北のつきあたり、鞍馬口を少し下がった東側に位置
する天寧寺は、山門からのぞむ景色がまるで一枚の絵をはめ
込んだように見えることから「額縁門(がくぶちもん)」と呼ばれて
います。

       081013j.JPG

後に見える比叡山が借景になって、まさに額縁に入っている絵ですね!


081013c.JPG    081013e.JPG



081013f.JPG

本堂には、仏師春日作と伝える本尊釈迦如来像を、観音堂には
後水尾天皇の念持仏聖観音像及び東福門院の念持仏薬師如来像
を安置しています。

         081013g.JPG

また、往時の住職・善吉和尚は剣術・示現流の開祖で、その流儀は
遠く薩摩に伝わり、年月を経て倒幕の原動力になったともいわれて
います。


081013i.JPG


081013k.JPG

天寧寺の前の白い壁です。

« テレビドラマのロケ「京舞妓殺人事件」 | らんざん日記トップへ | 斎宮行列 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/152

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)