錦天満宮

久々のブログになります。

何せ京都は31日連続夏日の為、ブログのネタを撮りに行けないほど
暑かったからです。

さてさて、久しぶりのご紹介は京都の台所「錦市場」の東側にある、
提灯も華やかな天神さん「錦天満宮」です。

080912a.JPG

錦天満宮は天正15年(1587年)、豊臣秀吉の都市計画のため、
錦小路東端の現在地に移転しました。

その所在地名から「錦天満宮」と呼ばれるようになったそうです。

080912b.JPG

080912c.JPG

京都の台所「錦市場」です。


080912d.JPG

「錦天満宮」の有名な石の鳥居です。

       080912e.JPG

良く見れば、先端が建物の中に食い込んでいます。
鳥居の基礎の地面の位置にビルを建てたら、鳥居の先の
ほうが長くて左右のビルの中の部屋まで飛び出しています。

080912f.JPG

提灯がいつも輝いていてキラキラしています。

080912g.JPG

      080912h.JPG

080912i.JPG

080912j.JPG   080912k.JPG

「錦の社の御神水」です。

080912l.JPG

080912m.JPG

        080912n.JPG

« 伏見稲荷大社 | らんざん日記トップへ | 本能寺 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/146

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)