市松模様の庭と東福寺 開山堂

080705f1.JPG



080705k.JPG

東福寺 【開山堂】

080705f2.JPG



東福寺開山堂(常楽庵)は重要文化財で、もとの建物は
1812年(文政2)に消失し、1823年(同6年)、一条忠良
によって再建されました。

上層に楼閣がある独特の建物で、市松模様の枯山水庭園と
対面の池泉式庭園は江戸中期の名園を言われています。


080705g.JPG

通天橋を渡って開山堂へ入ると右側に池泉式庭園、左側に
市松模様の枯山水庭園があります。

080705h.JPG


080705i.JPG

枯山水庭園は、約100坪の平庭式で市松の波紋をつけ、
鶴島、亀島を象った石組みを配して蓬芙山水をあらわし、
対面の池庭は築山風、池中に亀島をつくり、枯滝を設けて
あります。

080705j.JPG





東福寺

080705a.JPG    080705b.JPG



080705x.JPG

080705z.JPG

東福寺の【西庭】です。市松模様が綺麗ですね。


080705d.JPG

【東庭】の北斗七星です。
小銭がたくさんありました。・・お賽銭?


080705c.JPG   080705e.JPG

【南庭】は荒海の砂紋と四仙島をあらわす巨石が豪快です。

【東福寺】のHPはこちら >クリック

前回の【東福寺】の記事はこちらクリック

« 平安神宮 2 | らんざん日記トップへ | 大原の里 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/143

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)