雪の「龍安寺」

「雪の龍安寺 石庭」です。龍安寺の石庭の全体図はこんな
感じです。
ツキハギだらけで見づらいのはご容赦ください。
こちらをクリック!

080221a.JPG

龍安寺 方丈石庭
室町時代末期の作と伝えられ、枯山水の「石庭」として有名
です。三方を油土塀で囲み、長方形の敷地の中に白砂を敷き、
一木一草も用いず、15個の自然石を配しています。

080221b.JPG

渓流を虎が子を連れて渡っているようにも見える為、「虎の子渡しの庭」とも、
15の石が東から7・5・3で構成されているので「七・五・三の庭」とも呼ばれ
ています。


080221c.JPG


有名な「知足の蹲跼(ちそくのつくばい)」です。
中央の水穴を「ロ」の字に見立てて共有し、「吾唯足知」(われただたるをしる)
と読み、これは釈迦が説いた「知足の者は、貧しいといえども富めり、不知足の者は
富めりといえども貧しい」という禅の真髄であり、茶道の精神でもあるという事だそう
です。

080221d.JPG

« 雪の「金閣寺」 | らんざん日記トップへ | えんむすびの神様 「地主神社」 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/133

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)