雪の「金閣寺」

080214a.JPG


鹿苑寺(金閣寺)

臨済宗相国寺派。1397年(応永4)、足利利満が営んだ
山荘を寺にした。

金閣は宝形造りの三層殿閣で、1950年(昭和25)放火で焼け、
1955年(昭和30)再建しました。

080214b.JPG

080214c.JPG   080214d.JPG

舎利殿 金閣。
三層からなります。二層は武家造り、三層は中国風の禅宗仏殿造り。
漆の上から純金の箔が張ってあり、屋根は椹(サワラ)の薄い板を
何枚も重ねた柿葺(コケラブキ)です。一層は寝殿造りです。

昭和62年(1987)、漆の塗り替えや金箔の張替えを行いました。



080214e.JPG

鏡湖池(きょうこち)

約6,600?(約2千坪)で、ここに葦原島(あしはらじま)など大小の
島々、畠山石などの奇岩石が配されています。


080214f.JPG

« 春の新作料理写真撮影 | らんざん日記トップへ | 雪の「龍安寺」 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/132

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)