建仁寺

070831a.JPG

日本最古の禅寺、建仁寺です。臨済宗建仁寺派の大本山です。
鎌倉時代の建仁二年(1202)土御門天皇の勅願寺となり当時の
年号を下賜された京都最古の禅寺です。

070831b.JPG

070831c.JPG

建仁寺といえば忘れてならないのが「風神雷神図屏風」です。(国宝)

俵屋宗達の作で展示されているのはレプリカ品です。

070831d.JPG


◇潮音庭

中央に三尊石その東には座禅石、廻りに紅葉を配した禅庭です。

070831e.JPG

070831f.JPG

070831g.JPG   070831h.JPG

桃山画壇の巨匠・海北友松(かいほうゆうしょう)や橋本関雪画伯
の作品も見られる「襖絵」です。

◇茶席 「東陽坊」

070831i.JPG

天正15年(1587)に豊臣秀吉が催した北野大茶会で、利休の
高弟・真如堂東陽坊長森が担当した副席と伝えられています。

070831j.JPG

         070831k.JPG

◇大雄苑

070831l.JPG

白砂に緑苔と巨石を配した「大雄苑」と称される枯山水庭園です。


         070831m.JPG

070831n.JPG   070831o.JPG


◇法堂(はっとう)

070831p.JPG

後に見えるのが「法堂」です。
明和2年(1765)上棟。仏殿を兼ねた建物で「拈華堂(ねんげどう)」
と呼ばれています。

また、その天井には平成14年、建仁寺創建800年を記念して畳108枚
分の大双龍図が「小泉淳作画伯」の手によって描かれました。

         070831q.JPG

070831r.JPG

大きさは縦15.7m、横11.4mあり、巨大な二匹の龍が絡み合いながら
共に仏法を護持している姿です。

          070831s.JPG

« 松尾大社 | らんざん日記トップへ | 三条通の名建築群 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/110

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)