松尾大社

松尾大社は京都最古の神社と言われています。
神社後方の松尾山の巨石を祀って守護神としたのが起源とされ
ています。

大宝元年(701年)、秦氏が現在地に社殿を建立しました。
ちなみに秦氏は、日本古代に朝鮮半島から渡来した氏族で映画村
でおなじみの「太秦(うずまさ)」という地名も秦氏が関係するほど
京都にはなじみの深い方です。

その秦氏が酒造の技術も日本に伝えたことから、酒造の神様としても
信仰されるようになりました。


070806a.JPG

070806b.JPG

      070806c.JPG

「本殿」

070806d.JPG


写真の神輿庫には全国の酒造家から奉納された酒樽が並んで
います。


070806e.JPG

070806f.JPG


070806g.JPG   070806h.JPG

亀と鯉がいました。どういう意味でしょうか?


070806i.JPG


070806j.JPG

川の流れが涼しそうです。

070806k.JPG

蓬菜の庭です。

070806l.JPG

« 天龍寺 宝生池と蓮の花 | らんざん日記トップへ | 建仁寺 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/109

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)