大徳寺-?瑞峯院&大仙院

070723a.JPG

大徳寺塔頭 【瑞峯院】

キリシタン大名の大友宗麟(おおともよししげ)が自分の
菩提寺として天文4年(1535年)、建立しました。

写真の枯山水庭園は、方丈前の『独座庭』です。
蓬菜山の山岳から半島に成って、大海に絶え間なく荒波に
打ち寄せ揉まれながらも雄々と独座している大自然の情景
を表現しています。

070723b.JPG

070723c.JPG

070723d.JPG

重森三玲氏の特徴でもある石組が、東福寺方丈庭園と
似ています。

       070723e.JPG

070723f.JPG

中庭の『茶庭』です。

        070723g.JPG

方丈裏の庭園『閑眠庭』

「閑眠高臥して青山に対す」の禅語から銘じられました。
また、この庭は七個の石で構成された配置が十字架に
見えることでも有名です。


【大仙院】

070723h.JPG

漬物の「たくあん」を考案したとされる七世沢庵和尚が、
宮本武蔵に剣道の極意を教えた所としても有名です。

070723i.JPG

入口です。

070723j.JPG

070723k.JPG


070723l.JPG   070723m.JPG

« 大徳寺と龍源院 | らんざん日記トップへ | 還幸祭 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/106

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)