晴明神社

    最強の陰陽師と言われた【安倍晴明】ゆかりの神社


070718a.JPG

漫画や映画ですっかり有名になった晴明ゆかりの「晴明神社」です。

晴明神社は、平安時代に活躍したとされる陰陽師(おんみょうじ)、
安倍晴明(あべのせいめい)が平安京の鬼門にあたるこの地に居を
構えた跡地に建てられた神社で、晴明はこの神社に御霊神として
祀られています。


070718b.JPG

070718c.JPG   070718d.JPG

       070718e.JPG

070718f.JPG


昔の一条戻橋(いちじょうもどりばし)の欄干は移築されています。

戦時中に兵士がこの橋を渡って無事、生還できることを願ったり、
嫁入りの時に通ると出戻るなど、不思議な伝説が言い伝えられています。

070718g.JPG


070718h.JPG   070718i.JPG

左の写真は式神です。

安倍晴明は式神という人形を作り、占星術に利用して
いましたが、その容姿が醜いので妻が恐がり、用の
ない時は、一条戻橋の下に隠しておいたそうです。

    

       070718j.JPG
         晴明神社のご神木です。

070718k.JPG
『厄除桃』

古来、陰陽道では桃は魔除厄除の果実とされている
そうで、この桃を撫でる事で、厄除けができるそうです。

070718l.JPG

070718m.JPG   070718n.JPG

到る所に☆型(五芒星?ごぼうせい)があります。

五芒星は陰陽道に用いられる祈祷呪文の一つで、西洋でも魔除け
の印です。


070718o.JPG   070718p.JPG


070718q.JPG
『晴明井』

晴明の念持力で湧き出たといい、飲むと悪病難病が治る
と伝えられています。

070718r.JPG
『現在の一条戻橋』

一条通を横切って流れる堀川に架かる橋です。

この橋は、洛中洛外の魔界の中心と言える場所で平安の時代
には丑寅の方角つまり、「鬼門」にあたりまたその北側は葬送
の地であったため、占いや妖怪変化の逸話が色々と語り継が
れてきました。

« 御金神社(みかねじんじゃ) お金の神様 | らんざん日記トップへ | 大徳寺と龍源院 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/104

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)