御金神社(みかねじんじゃ) お金の神様

070712a.JPG

全国的にも珍しいお金の神様を祀ってある御金神社(みかねじんじゃ)
です。
場所は御池通から西洞院通を北に行った住宅街の真ん中
にあります。

鳥居も金色で独特です。

070712b.JPG

明治16年(1883)社殿を建立し、全ての金属類、農耕器具の
守り神として信仰を集めました。

しかし、近年は折からの「株式投資」ブームで個人投資家や
近くの証券会社の社員の参拝が増えているそうです。

この日も証券マンらしき人がちらほら・・・。

070712c.JPG


070712d.JPG

070712e.JPG
   入口には御金神社の由来が銅版に刷られています。

070712f.JPG

ここで洗ったお金で宝くじを買って1等に当ったという噂も・・・。

     070712g.JPG
     なんと「鈴緒」も金色です。

070712h.JPG    070712i.JPG


御金神社の絵馬はかわいらしいイチョウの形をしています。
これはご神木がイチョウであるからだそうです。
僕も黄金の鈴緒を振って祈願しました。


070712j.JPG    070712k.JPG

« 三千院の紫陽花と宝泉院の「血天井」 | らんざん日記トップへ | 晴明神社 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/103

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)