東福寺

070508a.JPG

今回のご紹介は「東福寺」です。東福寺の公式サイトです。

京阪電車、JR或いは市バス「東福寺」下車。徒歩10分です。

070508b.JPG

東福寺の方丈庭園は1938年(昭和13年)、重森三玲氏によって
作庭されました。

東福寺にもたくさんの塔頭があります。

霊源院

070508c.JPG

明暗寺

070508d.JPG


070508e.JPG


070508f.JPG


臥雲橋です。

紅葉の時期はこの臥雲橋から左側の「通天橋」が有名です。


070508g.JPG

「通天橋」です。


070508h.JPG


070508i.JPG

右は「方丈 東庭」
左は「南庭」です。

070508j.JPG


【東庭】

雲文様地割に円柱の石で北斗七星を構成し、
別名北斗の庭と呼ばれています。


070508s.JPG


【南庭】

210坪の枯山水庭園は「蓬莱」、「方丈」、「瀛州(えいじゅう)」、
「壷梁(こうりょう)」の四島に見立てた巨石と、砂紋による荒海
の表現に加え、西方に五山を築山として、神仙境を表現して
います。


070508k.JPG

070508l.JPG

西方には五山になぞらえた築山があります。


070508m.JPG


070508n.JPG


070508o.JPG


さつきの刈り込みと砂地とで市松模様に図案化された
西庭【井田市松】の庭です。


070508p.JPG

北庭に続く途中には「通天台」と呼ばれる舞台が
設けられています。


070508q.JPG

ウマズゴケの緑との対比も色鮮やかな市松模様の
【北庭】です。

070508b.JPG


      070508r.JPG

恩賜門です。


070508t.JPG


070508u.JPG

« こどもの日 | らんざん日記トップへ | 嵐峡フェスティバル2007 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/87

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)