きぬかけの路 桜道

本日は、嵯峨野から金閣寺まで延びる『きぬかけの路』の
桜をご紹介します。


070329a.JPG

『きぬかけの路』は道沿いに「清涼寺」、「大覚寺」、「仁和寺」、
龍安寺」、終点が「金閣寺」に到る道路です。

070329b.JPG

嵯峨野「広沢の池」前に桜の保存や普久に力を入れている
桜守と呼ばれる【佐野藤右衛門】氏の自宅があります。

現在の【佐野藤右衛門】氏は16代めにあたり、江戸時代から続く
名門の植木屋の生まれです。
佐野家では、代々相続者が藤右衛門の名前を襲名するしきたりが
あるそうです。

また、春先になると佐野家の桜の園場は一般に公開されます。


【佐野藤右衛門】家です。

070329c.JPG


佐野家の桜です。
道路沿いからでも他の桜との違いが一目瞭然です。


070329d.JPG


070329e.jpg


070329f.JPG


070329g.JPG


おまけ!

中之島公園が今、ライトアップされてます。
その画像です。


070329h.JPG

« 天龍寺 | らんざん日記トップへ | 嵐山・桜情報 中ノ島公園?ライトアップ »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/75

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)