東寺“教王護国寺”

木造建築では日本一の高さ(55m)を誇る国宝【五重塔】で
おなじみの「東寺」です。

070119a.JPG

京都を舞台にしたテレビドラマ等ではすっかりおなじみに
なったこの東寺の「五重塔」はたびたび災火をうけ、焼失
すること四回におよんでいます。

現在の塔は寛永二十一年(1644年)、徳川家光の寄進
によって竣工しました。

070119b.JPG  070119c.JPG
【北大門】

070119d.JPG

交通量の多い九条通りに面した南大門をくぐると、右手に五重塔、
正面に金堂、講堂、食堂(じきどう)・北大門が一直線に並んでいる
のがわかります。

070119e.JPG

【金堂から南大門を臨む】

070119f.JPG


070119g.JPG

【金堂】

延暦15年(796年)、に創建されたが焼失し、慶長8年(1486年)に
再建されました。

金堂内部には薬師三尊像と十二神将群があります。

070119h.JPG

070119i.JPG

【講堂】

金堂の北側にある講堂の内部は、大日如来を中心とした
立体曼荼羅になっており、巨大な二十一体の仏像に圧倒
されます。

070119j.JPG

【食堂(じきどう)】


070119k.JPG

【大師堂】

西門近くにあるのが大師堂。もとは弘法大師の住房とされ、
大師像が安置されています。

« 初投稿☆ | らんざん日記トップへ | 楽天アワード2006『金賞』受賞! »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/60

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)