京都のヘソの寺の歴史は1,000年以上
紫雲山頂法寺【六角堂】

西暦587年、聖徳太子が創建したとされる寺です。
本堂が六角なので【六角堂】、「六角さん」の名称で
京の町の人に親しまれています。

070105a.JPG

070105b.JPG

070105c.JPG

本堂正面の内には観音菩薩と書かれた大きな赤い提灯が
吊り下げられています。

本堂は正面から見ると六角形に見えませんが、離れて見て
みると六角形であることがなんとなくわかるでしょうか?

070105d.JPG


070105e.JPG

本堂の裏には聖徳太子が沐浴したと言われている泉のあった
場所があります。
現在はプールになっていてごらんのように白鳥がいます。


       070105f.JPG

池の隣には朱も鮮やかな「太子堂」が建っています。


070105g.JPG

本堂の西側には石仏がありますが、カラフルな帽子と衣が
つけられています。

070105h.JPG


070105i.JPG


070105j.JPG

建仁元年(1202年)には親鸞上人が百日間参籠したとされて
います。

070105k.JPG

« 新年、おめでとうございます | らんざん日記トップへ | 2007年初めての・・・(*^_^*) »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/56

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)