大文字

16日の京都は「五山の送り火」でした。
これが終わると京都の夏も終わりです。

DSCN2546.JPG

※残念ながら写真はブレてしまいました。

写真は渡月橋から撮影した、五山の中で最初に点火される大文字です。

東山三十六峰に属する如意ヶ嶽の支峰、大文字山の西斜面にあります。
起源は諸説により分かれます。

平安初期で創始者は弘法大師(空海)であるとか、室町中期で創始者は
足利義政、江戸初期で創始者は近衛信尹とか言われています。
山麓には銀閣寺、法然院等の名刹が連なります。

大文字送り火は、護摩木に自分の名前と病名を書いて火床の割木の上に
載せて焚くと、その病が癒えると言われています。

« 嵐山をはなれて京都散策 | らんざん日記トップへ | 黄門さま?見当たらないな・・・。 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/21

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)