お盆休みのルーツ

8月に入り、まもなくお盆がやってきます。そもそもお盆とは一体
どういったものなのでしょうか?

羅漢.jpg
<写真は嵐山羅漢>

お盆の正式名称は〔盂蘭盆会・うらぼんえ〕と言います。
盂蘭盆会とはインドのサンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を
漢字で音写したもので、転じて「逆さまに釣り下げられるような苦しみ
にあっている人を救う法要」という意味だそうです。

宝厳院.jpg
<写真は宝厳院>

これはお釈迦様の弟子の一人、目連尊者(もくれんそんじゃ)が母を救う話に
由来しています。
目連尊者はある時、神通力によって亡き母が飢餓道に落ち逆さ吊りにされて
苦しんでいると知りました。
どうしたら母親を救えるのかお釈迦様に相談したところ、「夏の修行が終わった
7月15日に僧侶を招き、多くの供物を捧げて供養すれば母を救うことが出来る
であろう」と教えてくれました。
目連尊者がお釈迦様の教えに従ったところ、その功徳によって母親は極楽往生
が遂げられたとの事です。

それ以来(旧暦)7月15日は、父母や先祖に報恩感謝を捧げ、供養をつむ重要な
ひとなりました。
現在のお盆は7月または8月の13日から16日までの4日間を指します。
13日の夕方に迎え火を焚いて先祖の霊を迎え、期間中には僧侶を招きお経や
飲食の供養をします。
そして16日の夕方、送り火を焚き、ご先祖様にお帰り頂くという流れになります。

嵯峨野庭.jpg
<写真は嵯峨野石庭>

迎え火、送り火の行事が盛んになったのも江戸時代で、京都の五山送り火も、
大掛かりな送り火の一つです。

« 隠れた名所! | らんざん日記トップへ | 嵐山をはなれて京都散策 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/19

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)