隠れた名所!

隠れた名所.jpg

らんざんの敷地内にひっそりと佇む
一つの石碑が在ります。

これは1877年(明治10年)に明治天皇が京都・嵐山に
来られたさいに此処へ立ち寄られたと言われる記念碑です。
当時、この場所は山中 献という文人が住んでおり、
政府の要人達(木戸孝允、伊達宗城、松平慶永ら)と
共に、この屋敷を訪れたとの事。 また目の前の大堰川では
鯉の漁を興味深くご覧になられ楽しまれたようです。
さすがは天下の名勝、嵐山ですね!

« 7月の思い出・・・ | らんざん日記トップへ | お盆休みのルーツ »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/18

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)