亀山公園

本日は、「らんざん」から徒歩10分のところにある亀山公園
ご紹介したいと思います。

まず、左手に船着場近くの売店が見えます。

舟.jpg

それでは、早速登ってみましょう・・・

入り口看板.jpg

入り口には亀山公園の案内図があります。

入り口看板2.jpg

最初は周恩来が、日本留学時にここ嵐山で失意のうちに作った「雨中嵐山」
歌碑を目指します。

周恩来案内.jpg

周恩来石碑.jpg

        雨中嵐山

雨の中を二度嵐山に遊ぶ
両岸の青木松に いく株かの桜まじる
道の尽きるやひときわ高き山見ゆ
流れ出る泉は緑に映え 石をめぐりて人を照らす
雨濛々として霧深く
陽の光雲間より射して いよいよなまめかし
世のもろもろの真理は 求めるほどに模糊とするも
模糊の中にたまさかに一点の光明を見出せば
真(まこと)にいよいよなまめかし

日中友好のシンボル、中国人観光客の観光スポットとなっています。

つぎは角倉了以翁の像を見てみましょう。

角倉了以案内.jpg

石碑です。

角倉了以石碑.jpg

角倉了以翁の像です。

角倉了以像.jpg

保津川は角倉了以翁によって水運が築かれたそうです。

次は大河内山荘を目指しましょう。

道?.jpg

これぞ「京都」と云う感じ?

見えてきました、大河内山荘の入り口です。

大河内山荘入り口.jpg

大河内山荘は、昭和初期の時代劇スター「大河内伝次郎」がこつこつと
丹精をこめて造り上げた庭園です。

大河内山荘の入り口の右側には有名な竹林の小路が広がります。

竹林.jpg

この300メートルばかりの小路は時折コマーシャルやドラマのワンシーンとして
テレビに映し出されるので見覚えがある方も多いのではないでしょうか?

いかがでしたか?
他にもまだまだ、ご紹介したい名所がたくさんあるのですが、
それは次回ということで・・・

« らんざんのボディガード達? | らんざん日記トップへ | 幸せを運ぶ・・・♪ »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoto-ranzan.jp/mt/mt-tb.cgi/12

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)